2019年春夏のトレンド!バレエシューズはどう選べばいい?

こんにちは、ゆうな(@yuunacinderella)です。

2019年春夏のトレンドで、バレエシューズが注目されています。

2019年春夏のトレンドシューズはどんなもの?

バレエシューズって以前から人気があるし、楽チンシューズならバレエシューズ!と言われるくらい、定番なアイテムですよね。

ただ、楽チンだからバレエシューズを愛用しています!ていう人、そんなに多くないと思うのですが、いかがでしょうか?

バレエシューズって本当に楽なの?

「バレエシューズが楽だと聞いたから買ってみたけれど、足が痛くなった」「反対に疲れやすくなった」というお声が聞こえそうなくらい、「バレエシューズ=楽」と思っていらっしゃる方って、そんなに多くはないと思います。

ゆうな

実は誰の足にも合いそうなアイテムなバレエシューズでも、合う合わないがあります!!

バレエシューズが合わない足はこんな足の人です。

  • 扁平足の人
  • ハイアーチの人
  • 開帳足の人
  • 足にトラブルがある(病院受診中)の人
  • 妊婦さん、小さいお子さんがいるママ

ほとんどの方がどれかしら当てはまるかもしれませんが、上記の人はバレエシューズはあまり履かない方がいいです。

ゆうな

なぜ良くないのか、お伝えしますね!

バレエシューズが合わない足の人

扁平足の人

扁平足とは、縦アーチが緩んでいるため土踏まずが落ちている人のことを指します。

扁平足はヒールの靴の方が楽だけどトラブルも多い足型って本当?

縦アーチが落ちていると、地面の衝撃を足裏全体で受け止めてしまうので、足が疲れやすくなります。

なので扁平足の人がバレエシューズを履くと、足裏が疲れやすく、痛みが出てしまうので合わないのです。

扁平足の人はヒールがある靴を選ぶと、縦アーチが出来るので足の疲れが緩和されます!

ハイアーチの人

ハイアーチとは、扁平足の逆で、縦アーチがしっかりある足のことを指します。

なんでヒールが履けない?ハイアーチの足型はハイヒールが苦手!

土踏まずが地面につかないので、主にかかとと足の前足部の2ヶ所で体重を支えていることになります。

ゆうな

ハイアーチは裸足の状態でも常につま先立ちをしているのです!

バレエシューズは中敷が薄く、地面の衝撃を直に足裏にかかりやすいので、体重をたった2ヶ所で支えているハイアーチには疲れやすい靴と言われています。

ゆうな

ただ私もハイアーチなのですが、私はバレエシューズが楽でしょっちゅう履いていました。

レペットのようにアウトソールが薄い革底だと疲れましたが、私の場合はゴム底を選んでいると大丈夫でした。

足も人それぞれなのでハイアーチの人もバレエシューズは合わないこともありますが、扁平足の足に比べたら、私のように大丈夫な人もいるかもしれません。

開帳足の人

現代女性のほとんどがなっていると言われている開帳足。

ゆうな

悪化すると外反母趾になるとも言われています。

開帳足の特徴は、横アーチが緩んで指のつけ根が足裏にペタッと広がってついている状態。

特に足裏のつけ根の骨が痛む方は、開帳足になっているかもしれません…

外反母趾の原因にもなる「開帳足」は現代女性のほとんどがなっているって知ってた?

開帳足になると、足裏のつけ根の骨が地面についている状態なので、バレエシューズだと地面の衝撃を直に受けてしまいます。

ゆうな

骨に衝撃が来るので、痛くて歩けなくなることも…

開帳足でどうしてもバレエシューズが履きたい!という場合は、中敷で横アーチを一時的に作ってしまう方法もあります。

足にトラブルがある人

こちらは主にお怪我や痛みが出ているので、医療機関を受診している方を指します。

医師の診断でバレエシューズを履いて良い、と言われた場合はいいと思いますが、許可が出ない場合は履くのを避けていただいた方がいいです。

妊婦さん、小さいお子さんがいるママ

妊婦さんや小さいお子さんがいらっしゃるママは、転倒の危険があるのでバレエシューズを選ばれる方が多いかもしれません。

ただしバレエシューズはその時期は控えていただいたほうがいいです!

なぜかというと、靴は前滑りを防ぐためにヒールの傾斜がある靴にかかとの芯を入れます。

でもフラットシューズは前滑りをしないので、かかとに芯が入っていません。

かかとの芯が入っていないと、靴が足を固定しないので、歩いていて靴が脱げてしまい、転倒の恐れがあります。

特にバレエシューズは革の素材が柔らかいものが多いので、足を支える効果が少ないのです。

また妊婦さんはだんだんお腹が大きくなってくると、お腹の重みにより姿勢が後ろに倒れてきます。

なのでフラットシューズではなく、3cmほど高さがあるウェッジソールやインヒールの靴を履くのがおすすめです。

ヒールがある靴を履くことで立っているときに姿勢がまっすぐ伸びるので、楽になりますよ!

妊娠したら靴選びも大切!妊婦さんに合う靴の選び方

 

妊婦さんにおすすめ!ローヒールバレエシューズ

バレエシューズの正しいフィッティング

では続いてバレエシューズは履ける!という人に向けて、正しいフィッティングの仕方をご紹介します。

正しい靴選びはフィッティングがとても大事!失敗しないフィッティングのチェックポイント」でもご紹介していますが、靴選びの際にフィッティングはとても大事です。 ただヒールのある靴を選ぶ際、捨て寸と呼ばれるつま先に1cmすきまを取る必要はバレエシューズにはありません。

ゆうな

なぜならバレエシューズはヒールよりも前滑りをしにくいからです!

ヒールのある靴は、歩いているときに靴の中で足が前滑りをしてしまい、つま先が靴の先端に当たってきつく感じたり、トラブルに繋がるため1cm捨て寸を取る必要があります。

でもバレエシューズはヒールのように傾斜がなくフラットなので、前滑りをする恐れがありません。

ゆうな

でも1cmまでは取らなくとも、捨て寸は必要ですよ!

バレエシューズの場合は靴の中でつま先が靴の先端に当たらないくらいのすきまで十分です。

ただし立ったときと歩いたときに当たらないか、必ずその2点を確認してくださいね!

2019年のトレンドなバレエシューズとコーディネート

2019年のバレエシューズのトレンドは、デザイン性があることと、レギンスを合わせて履くことです。

2019年春夏のトレンドシューズはどんなもの?

デザイン性があるものは、バックルがついていたり、ラウンドではなくポインテッドトゥなど。

ゆうな

特にビジューのキラキラも今年のトレンドです!

足に合う靴選びの観点から言うと、ポインテッドトゥは人差し指が長い人向け。

親指が長い人はラウンドトゥを、スクエア型の人はスクエアトゥのバレエシューズを選んでくださいね。

バレエシューズに合わせるレッグアイテムやコーディネートで2019年春夏のトレンドは、ロング丈スカートとレギンス。

ロング丈はしっかり長めで大丈夫です! そこからレギンスがちらっと見えるくらいが2019年春夏風なんです。

レギンスといっても数年前に流行った黒いレギンスではなく、裾にスリットが入っているもの。 カラーはベージュやグレーなどのアースカラーがトレンドです。

【送料無料】10分丈 & 7分丈 レギンスパンツ レディース 無地 スポーツ ルームウェア スパッツ レギパン スキニー 美脚 柄 春 秋冬

バレエシューズが楽な人はそこまで多くない

「バレエシューズは楽」という風にメディアでは言われていますが、実際のところそうでもありません。

扁平足やハイアーチの人は疲れやすい・痛くなりやすいし、足のトラブルがある人は痛みが出やすいし、妊婦さん・小さいお子さんがいらっしゃるママにもあまり向いていません。

ただし全く履けない、という訳ではないです。

靴底がゴム底になっているものは地面の衝撃を吸収してくれるし、ぺったんこのものよりも3cmほどのヒールを選ぶとかかとの芯が入るので、足を支えてくれるようになります。

またしっかり指の股が隠れる、かぶりが深いものを選ぶのも、より足を支えてくれます。 正しくご自身の足に合うバレエシューズを選ぶと、履きやすさが断然アップするので、ぜひご参考にしていただけると嬉しいです。