【足に悪い影響も】クロックスが子供の足に良くない理由

こんにちは、ゆうな(@yuunacinderella)です。

夏になると大人も子供もサンダルを履きますよね。

でもスニーカーよりも足の支えが少ないサンダル選びって、実はとても注意が必要なんです。

なぜなら成長期の靴選びはとっても重要だから。

その中でも心配なのが、クロックスを履かせることです。

クロックス自体はとても軽くて楽な靴ではありますが、子供の足にとっては悪い影響が多いのです。

クロックスを子供の足に良くない理由をご紹介します。

クロックスを子供に履かせないほうがいい理由

クロックスは足を覆ってくれるデザインで、かかとを止めるストラップも付いています。

一見すると悪くないように思えるかもしれませんが、そのデザインが問題なんです。

クロックスは足囲(幅と厚み)がかなりゆったりめなため、履いたときに子供の足を支えてくれるところがありません。

甲までかぶりはあるものの、幅と厚みがかなりゆったりしているため、本来の靴の役割である足を支えてあげることがまず出来ません。

歩いたときにかかとが抜けないのはストラップがかろうじてかかとに引っかかるだけであって、クロックス自体が足にフィットするわけではないのです。

足囲が大きいと足にどんな負担がかかるのか

足囲が大きいと靴と足が一体化することがないために、とても歩きづらく疲れやすくなります。

靴はかかとと甲とボール部で足にフィットしますが、クロックスはこれが出来ません。

一体感がないので、歩くとクロックス自体が脱げそうになります。

ですが靴が脱げないように指先に力を入れるため、長く履いていると指が曲がってしまうのです。

指が変形してしまうと身体の成長にも歩き方にも影響が出ます。

まず両足の丸々10本の指で体重を支えることが出来ません。

そのため体重の分散に偏りが出てしまい、歪みや身長の伸びに影響を及ぼすことがあります。

クロックスを履いていると爪が変形しやすい?

「クロックスを履かせない」という方の意見を見ていると、「クロックスの素材が原因で爪が割れた」「変形した」という意見を結構見ました。

「ゴム製」や「ウレタン製」の素材は摩擦がかなり激しく、摩擦により爪が割れたり、靴擦れを起こしやすい素材です。

ゆうな

他の原因として考えられることは、先程お話しした足囲が大きいためではないかと思います。

足囲が大きいために靴で足が支えられず、歩いているときに靴の中で足がどんどん前滑りをしてしまい、つま先がクロックスの先端にぶつかって爪が割れてしまったり変形してしまうことが考えられます。

現代では子供の外反母趾や内反小趾が問題になっている

外反母趾、内反小趾、O脚なども足のトラブルは大人のトラブルだと思いませんか?

ところが現代の子供は大人同然にこれらの足のトラブルが問題になっています。

裸足で走り回ったり、たくさん歩く機会が減ってしまったため、現代の子供は外反母趾、内反小趾、浮き指、O脚など大人のように足のトラブルが多くあります。

子供の足の骨が完全に出来上がるのは14歳頃と言われています。

それまでの子供のあ足の骨は柔らかく、足に合わない靴を履いているとすぐに足のトラブルにつながり、歪みや指が変形してしまう恐れがあるのです。

一度外反母趾や内反小趾になると治ることはほぼないため、正しい靴選びをしないと今後ずっと苦労する恐れがあります。

一度なったら悪化させない対策を!外反母趾・内反小趾予備軍の靴の選び方

子供は大人よりも靴選びに気をつけて

これらの理由で私は子供にクロックスは履かせていません。

親戚からお下がりをもらったので持ってはいますが、今までクロックスを履かせたのはBBQのときに川遊びをしたときの一度のみ。

でも履いている様子を見てやはり心配に思ったので、そのたった1回だけであとは甲がしっかり止まるサンダルを履かせて川遊びをさせました。

ゆうな

クロックスは確かに着脱が簡単で楽なので、子供に履かせたい親心も分かります。電車や車に乗るときにクロックスはすぐに脱げて履けるので、便利なんですよね。

でも子供の骨は柔らかく、成長期に骨の変形を起こしてしまうと身体にも影響を及ぼします。

合わない靴を履くのは成長過程のリスクが本当に高いので、子供の頃の正しい靴選びはとても重要なんです。

しかも外反母趾は遺伝します。

ママやおばあちゃまが外反母趾で苦労されていた場合、お子さんも外反母趾になりやすく、靴選びに苦労されるかもしれません。

【保存版】赤ちゃんの初めての靴選びは3ステップある!選ぶポイントと全国のシューフィッターをまとめました

【まとめ】子供にクロックスを履かせるのはリスクが多すぎる!

今まで問題がなく靴選びをしていた大人でも、40歳頃から足の変化が出てきます。それは年齢による筋肉の老化が原因です。

なのに小さい頃の間違った靴選びをすることにより、子供の頃から足のトラブルに悩まされ、大人になったときにとても苦労してしまいます。

足のトラブルによっては手術をしないと改善されないものも多くあります。

お子さんにそんな思いをさせたいでしょうか?私は絶対嫌です。。。

子供の成長は早いので、本当にお金がかかりますよね。

それでも足は一生もの。子供の頃から足のトラブル続きでは、早いうちから自分の足で歩けなくなってしまうかもしれません。

洋服は安いものでも身体に害はないけれど、靴はその子の足型に合ったものを履かせてあげてください。

無料で足の計測をやってくれるシューフィッターがいるお店も多くあります。まずはお子様の足型を把握するだけでも、正しい靴選びの第一歩に繋がります!