Amazon返品無料サービスを利用して子供のサンダルをサイズ違いで購入・返品してみました

2歳の息子のサンダルがサイズアウトしてしまったので、夏になる前に買っておくことにしました。

スニーカーのサイズがメーカーによってバラバラなので、サイズをどうしようか悩むところ。

そういえばAmazonだと、ものによってはサイズ交換が無料でやってたはず!と思い出したので、今回はAmazonを利用することにしました。

Amazonの返品無料サービスとは

Amazonファッションでは、最大30日間の商品返品が可能で、返品&返送料も無料で行なってくれます。

実際に気になるけどサイズ感で悩んでいたり、色で悩んでいても、複数頼んで自宅で試着をしてから決めることが出来ます。

ネットショッピングは店頭よりも安く買うことが出来るため気軽に利用が出来ますが、試着が出来ないのがネックです。

「手持ちの服に合うか分からない」「いつもお店では両方サイズを試着してから決める」という不安があっても、Amazonファッションでは返品&返送料が無料なので、気になっている色を複数頼むことも出来ます。

特に靴は、洋服と違ってサイズ合わせがとても重要になります。メーカーやデザインによってでもサイズ感が異なることも多いです。

お店で「いつも23.0cmか23.5cmです」と店員さんに言うと、両方のサイズを持ってきて試させてくれますよね。

でもAmazonファッションではこれが可能なのです。

23.0cmと23.5cm両方を購入し、届いたら自宅で試着し、合わない方のサイズを返品手続きを取ることが出来ます。すごく有難いサービスですよね!

ただし条件があり、商品ページに「返品無料」と書かれているもののみ対象となります。

赤い丸で囲ったところに「返品無料」という文言が入っていたら大丈夫です。Amazonが発送しているものに関してはこのサービスが適用されるようなので、欲しい商品を見つけたときは返品無料の文言があるかどうか確認してみてください。

息子のサンダルを頼んでみました

実際に私が利用した方法をご紹介します。

息子のサイズは15cmなのですが、スニーカーによっては14.5cmでも足長があまっていたり、15cmでつま先が当たってしまって小さくなってしまったものがあります。

出来れば「今年の夏だけ」というのは避けたいので、今ぴったりのサイズよりはちょっと大きいものを選びたいのが本音です。

でも子供の足はサイズ選びが大人よりもさらに重要なので、大きすぎたり足に合わないのは良くありません。

実際にこのメーカーの靴を試したことがないので、Amazonファッションの返品無料を使わせてもらおう!と、2つのサイズを頼むことにしました。

頼んだのは同じ色の15.5cmと16.0cmのサイズ違いです。

ゆうな

2つのサイズを同時に頼むという購入方法は初めてなので、どうなるかドキドキです。

届いてからの流れ

プライム便だったので、頼んだ翌日の夜には届きました。

購入するときに「両方のサイズが揃ってから発送」を選択していたので、両方入って届きました。

15.5cmから試しましたが15.5cmでもまだちょっと大きいので、16cmはビニールからも出さず、未開封のまま返送することにしました。

返品について

返品手続きは商品到着から30日以内に行う必要があります。

基本的にはAmazonの返品・交換は、お客様都合の場合、返送料は購入者負担となります。未開封・未使用の場合は商品代金が全額返金。開封した場合は商品代の50%のみ返金されるようです。

ただし今回のように、服&ファッション小物、シューズ&バッグは試着後の返品が可能ですし、返送料も無料です。

ネットショッピングじゃ洋服や靴は心配で買えない!というお客さんに向けて、試着後返品受けるからもっと気軽にAmazonで洋服や靴買ってね!というサービスですね。

ちなみにAmazonでの商品交換が出来るのは、商品不良や傷・汚れがあった場合のみのようです。「サイズ交換」ではなく、「買ったものを一度返品」してから「合うサイズをもう一度購入する」流れみたいです。

返品手続きの方法

16cmは大きかったので、お返しすることにします。

まず、マイページのアカウントサービスから「注文履歴」をクリックします。

注文履歴から返品したい商品のページを開き、「商品の返品」をクリックします。

「返品の理由を選択」します。回答欄はたくさんあります。今回は「サイズが大きい」を選びました。

その下に理由を入力する必要があるので、「まだ16cmは大きかったためお返しします」と入力しました。

選択すると「手続き方法の確認と選択」という項目が出てきます。「返金」しか選択肢がなかったのでそちらを選びました。

続いて「返送方法の確認」という項目が出てきます。

「返送手続きを開始」ボタンを押すと、登録しているメールアドレスにメールが送られてきます。

返送方法の記載があります。

プリンターがある場合は送られてきたメールを開き、「返送方法を確認」をクリックすると印刷する画面が出てきます。

プリンターがない場合は「プリンターを使わない返品・交換の手続き」をご覧ください。

それをプリントアウトし、点線のところを切って梱包した箱に貼り付けて、コンビニへ持参しましょう。

日本郵政の集荷サービスも利用できます。私は集荷サービスを依頼しました。

プリントアウトした返送先住所に記載がありましたが、今回のAmazonファッションは返送料無料のため、「着払い」で大丈夫のようです。

もしコンビニで発送する場合は「着払い伝票」が必要になると思います。

2018/5/10追記:返金されるのも早かった!

集荷でお預けしてから2日後くらいに「返品を受付しました」とAmazonからメールが届きました。

ゆうな

こんなにも早くて驚きました。

クレジットカード決済だったので、クレジットカードの購入履歴画面を見てみると16cmの分がマイナスになっていたので引き落としされずにすみました。

私の場合はカード支払い確定前に手続きが出来たのでマイナス表示だったのですが、もしカード支払い日をまたぐようであればお使いのクレジットカード会社に確認する方がいいかもしれません。

利用方法の注意点

Amazonファッションでは返品&返送無料なので今回このサービスを利用してみましたが、返品に関しては「汚さないこと」「再販出来る状態で返品する」ことが私たち消費者がこのサービスを利用する上でのマナーだと思っています。

特に返品は何でもかんでも出来るわけではいありません。「再販出来る」前提です。

ゆうな

再販とは、他のお客さんへ新品の状態で販売することです。

私も接客業をしているときに、「合わないから」と既に外で履かれた靴を返品したい、というお申し出を受けたことがあります。

しかし外で履かれた靴は再販が出来ませんので、お断りすることになります。一度でも外で履いている靴は新品ではなく「中古品」となってしまいますよね。

そのため、返品をするならばきちんときれいな状態でお返しする必要があります。私が仕事をしていたときは、「試し履きはお部屋の中で」とお願いしていました。

玄関やお庭で試すのは汚れますのでお断りをしていました。

Amazonでも、使用済みの商品の返品・交換はしないと注意事項に表記があります。試着では発生し得ない傷・汚れ・摩耗(シワ、ソールの汚れ・傷)など。他にはタバコや香水による匂いや、ファンデーションなどの化粧汚れも返品不可となります。

ゆうな

タグは取らずに試着しましょう。

ゆうな

みなさんご承知だと思いますし、やっていらっしゃる方がほとんどだと思いますが、トラブルになるやすいことでもあるので念のためお伝えしました。

おわりに

ネットショッピングで2足一緒に買うことは初めてでしたが、Amazonの返品手続きはとても簡単でした!

2歳の子供を連れてサンダルを買いに行くのってちょっと大変です。なので自宅で試着という、気軽に試せるのは本当にありがたいサービスです!

ちなみに明日までAmazonはタイムセール祭りをやっているので、ぜひこの機会のお試しください!