【保存版】赤ちゃんの初めての靴選びは3ステップある!選ぶポイントと全国のシューフィッターをまとめました

大事なお子さんがたっちをし始めたらファーストシューズを考え始める方も多いと思います。

お子さんの初めて履く靴は何を選べばいいか分からない、ファーストシューズはいつからいつまで履かせればいいのか、など分からないことが盛りだくさん。

お子さんの靴についてまとめてみました!

子供の足は完全形成までに十数年かかる

赤ちゃんの足は大部分が軟骨でできており、成長するまでに軟骨から完全な骨になっていきます。

なんと子供の足の骨が完全に形成されるのは14歳だと言われています。2歳前後では骨が繋がっていない場所さえあります。

成長途中の軟骨は弱く変形しやすいため、合わない靴を履き続けていると足のトラブルに繋がっていくだけではなく、骨格の歪みにも繋がって行きます。

特に最近の子供を取り巻く環境は、公園の減少などで外遊びをする環境が減り、ゲーム遊びをすることが増えたり、車社会で歩く機会が減っています。運動不足に陥りがちなため、足のトラブルが増加中。かかとの骨が外反して足に正しく重心がかからなくなる外反足や、大人に多い外反母趾・内販小趾、開帳足は子供もなっているトラブルです。

これらは運動不足が一つの原因となっていますが、合わない靴選びや履き方が原因でもあります。

そのため子供の頃からの靴選びはとても大事なのです。

赤ちゃんの歩き方

大人と赤ちゃんは骨格が違うので歩き方も異なります。

大人はかかとから着地してつま先で地面を蹴って歩きますが、赤ちゃんは足の裏全体で着地して膝を曲げたまますり足で進むという不安定な歩き方をします。足を持ち上げて歩くわけではないため、簡単につまずいたり転んでしまいます。

つまづきを防止するためには、靴のつま先が適度に反り返りのいい靴を選ぶと解消できます。

成長に合わせた3つのステップが大事

STEP1:たっちが出来るようになったらプレシューズ

はいはいからたっちが出来るようになったら、歩く練習がスムーズに出来るように快適な機能がついているシューズが必要になります。靴に慣れるためにも軽さがあるものを選びましょう。

  • カウンターと呼ばれるかかとの芯は赤ちゃんのかかとをすっぽり覆ってくれるもの
  • 中敷はクッション性があり、地面からの衝撃を吸収してくれるもの
  • 指がしっかり伸ばせて、指を広げることが出来る丸いトゥライン
  • 甲の高さが調整できるようにマジックテープになっているもの
  • 靴底はゴム底になっていて地面の衝撃を吸収してくれるもの。滑り止めの役割にもなる。靴底は薄めで大丈夫
  • 甲が大きく開き、履かせやすいもの。ハイカットだと履きにくいので避けましょう。

プレシューズはファーストシューズに比べて靴底が薄めで軽い作りになっています。まだ歩き出しをする前の靴に慣れるためのものであり、室内や柔らかい地面での歩く練習に履くためのものになります。

STEP2:よちよち歩きが出来るようになったらファーストシューズ

よちよち歩きが出来るようになったらプレシューズからファーストシューズに切り替えをしましょう。

歩くことが出来るようになった赤ちゃんは動きが活発になりますが、歩行はまだまだ不安定です。

  • カウンターと呼ばれるかかとの芯は赤ちゃんのかかとをすっぽり覆ってくれるもの
  • 中敷はクッション性があり、地面からの衝撃を吸収してくれるもの
  • 指がしっかり伸ばせて、指を広げることが出来る丸いトゥライン
  • 甲の高さが調整できるようにマジックテープになっているもの
  • 靴底はゴム底になっていて地面の衝撃を吸収してくれるもの。滑り止めの役割にもなる。
  • ボール部は正しい位置で曲がり、返りがいいもの
  • 甲が大きく開き、履かせやすいもの。ハイカットだと履きにくいので避けましょう。

ゆうな

プレシューズと比べると機能面はほとんど変わりはありませんが、靴底の厚みがちょっと厚くなります。外を歩けるようになったので、地面の衝撃を吸収出来るようにちょっと厚みが出ています。

よちよち歩きの赤ちゃんはまだ足をしっかり上げることが出来ないので、つまづいたり転びやすいです。そのためつま先が適度に反り返っている、ボール部の返りがいい靴を選ぶ必要があります。

この画像のようにつま先が反っていることです。

曲がりにくい靴はつまづいてしまったり、骨や筋肉に負担がかかってしまいます。正しい位置で足が曲がってくれるとスムーズな歩行を助けてくれますし、土踏まずなどの形成を助けてくれます。

ゆうな

ファーストシューズと聞くと「最初だけ」だと思いがちですが、実はそうではありません。

ファーストシューズの次はセカンドシューズに移行していきます。歩くことがもっと出来るようになったら靴の機能なども変えていくことが必要です。

そして特に女の子は靴の種類も多いです。スニーカー、フラットシューズなど可愛いデザインもたくさんあります。「ファーストシューズはスニーカーじゃないといけない」わけではないようなのでご安心ください。

公園やたくさん歩くときはスニーカー、ベビーカーに乗ってあまり歩かない時はフォーマルなフラットシューズでも良いのです。用途によって使い分けてくださいね。

余談ですが、手作り出来るファーストシューズをご存知ですか?ウメロイークというブランドで、革靴を手作り出来るんです!履かなくても飾っておいたりと、思い出になりますよね!

ゆうな

私も作るつもりでしたが、つわりが酷くて断念しました。。。

男の子でも履けるシューズやブーツもありますよ!

STEP3:しっかり歩けるようになったらセカンドシューズ

よちよち歩きの時よりも足がしっかり上がる歩き方になったり、お家の中でたくさん歩けるようになったらセカンドシューズに切り替えましょう。

セカンドシューズはファーストシューズよりも靴底がしっかり厚みがあり、走ったりジャンプしたりするときの衝撃を吸収してくれます。その分靴もやや重さが出ます。

  • カウンターと呼ばれるかかとの芯はかかとをすっぽり覆ってくれるもの
  • 中敷はクッション性があり、地面からの衝撃を吸収してくれるもの
  • 指がしっかり伸ばせて、指を広げることが出来る丸いトゥライン
  • 甲の高さが調整できるようにマジックテープになっているもの
  • 靴底はゴム底になっていて地面の衝撃を吸収してくれるもの。滑り止めの役割にもなる。
  • ボール部は正しい位置で曲がり、返りがいいもの

だいたいの目安はたくさん歩くようになったら切り替えですが、そうは言ってもタイミングが分からない時もありますよね。子供はまだ合わない靴を履いた場合は歩き出さないらしいです。

ゆうな

もしお子さんにセカンドシューズを履かせたものの、一歩足が出ない時はまだ早いのかもしれません。その時はファーストシューズに戻してあげてください。

靴選びで大事なこと

プレシューズ、ファーストシューズ、セカンドシューズを選ぶときの注意点はお店の人に計測をしてもらうこと

歩き出しの時期や月齢によってサイズが違います。だいたい1歳前後は13cmくらいが平均ですが、歩くのが早い子だと12,5cmくらいのサイズになりますし、1歳半以降に歩き出したこのサイズは13,0cm〜になることもあります。

そして気をつけて頂きたい点はお下がりを履かせるとき。お下がりの靴は靴底のゴムがする減っていたり、履き癖がついていたりすると正しい歩行が出来ません。

なるべくお下がりは履かせない方がいいかもしれません。

サイズの見直しの時期

子供の靴のサイズアウト本当に早く、だいたい3ヵ月で履けなくなると言われています。3ヵ月を目安に、靴を履かせたときに立ってもらい、靴のつま先を上から押してみて指が靴の先端に当たっていないか確認しましょう。

ゆうな

ただ3ヵ月ごとに一足買うのってかなり厳しいですよね…。

でも長く履いてほしいからと、大きいサイズを買ってしまったり、お下がりを履かせるのは足のトラブルに繋がります。

サイズが大きいものを履かせる場合はシューフィッターや専門の方がいるお店で計測してもらったり、アドバイスをしてもらいましょう。

オススメなファーストシューズメーカー

ファーストシューズで人気なのはasics アシックスシューズ スクスクですね。acicsはシューフィッターの方がいらっしゃいますし、銀座にキッズ専門店がオープンしたばかりです。

他にも全店舗にシューフィッターがいらっしゃるか定かではありませんが、メーカー直営の安心感があるムーンスターやミキハウスリーガル銀座ヨシノヤがあります。

うちの子はいとこのお下がりのミキハウスをファーストシューズにしていましたが、ミキハウスのシューズはすごく良かったです!

お下がりのデメリットを理解していたので、私はあまり履かせたくなかったのですが、状態のきれいさに納得して譲り受けました。いとこが履いていたのが数年前だったのに、型崩れが全くなかったです。

かかと、甲、指のおさまりが良かったし、つま先も反り返りがあってあまりつまづかなかったです。おまけにすごく丈夫。履く頻度や履き方にもよると思いますが、ミキハウスの靴は丈夫だと思います。

誰とも被りたくない、おしゃれなものでかつ子供の足に良いものを、と考えている方にはイタリア生まれのファーストシューズ【モネリーナ】もオススメです




モネリーネは赤ちゃんの足と健康を考えているブランドで、木型や機能面で安心出来ます。お値段は高めですが、プレゼントとしても喜ばれると思います。

ベビー・子供専門でシューフィッターがいるお店

まず百貨店にはシューフィッターや同等な社内資格保持者がいらっしゃいます。

一般社団法人 足と靴と健康協議会(FHA)から全国のシューフィッター保持者が検索できます。

シューフィッター検索

ただお店の名前が出てこないので、記載の住所を調べる必要があります。。。

都内になってしまいますが、こちらもありました。

一般社団法人 東靴協会 加盟店一覧

他には子供靴専門のお店にも、シューフィッターの方がいらっしゃいます。

一般社団法人 足と靴と健康協議会(FHA)が掲載している全国のシューフィッター保持者が在籍しているお店一覧をまとめてみました。主に幼児子供靴専門の方々です。

2018年4月現在ですが、既にいらっしゃらない場合もありますので、お店へお問い合わせをしてください。

商品についてもベビーシューズやファーストシューズの取り扱いがないこともあると思います。FHA掲載のものをまとめたものですので、各お店に問い合わせをして確認をしたわけではありません。お店へお問い合わせをお願い致します。

北海道

アルファ美輝

中山靴店 札幌店

東京都

西武・そごう 池袋本店

東急百貨店本店

オートフィッツ吉祥寺

ベビーザらス 府中店

ジェンティーレ&カンパニー

アルカ

シューズショップカメヤ

アサヒシューズ

チヨダ シュープラザ三鷹かえで通り店

神奈川県

東急百貨店 たまプラーザ店

埼玉県

ブロック 越谷レイクタウン店

ジーフット イオングリーンボックスレイクタウン店

そごう・西武 大宮店

オリンピック シューズフォレスト

チヨダ 靴流通センター滑川ベイシアモール店

千葉県

チヨダ シュープラザ千葉ニュータウン店

チヨダ 靴流通センター 南流山店(レディース、ジュニア専門店)

そごう・西武 そごう千葉店

茨城県

ストウ

足と靴と健康の靴屋 ザックスオオヌマ

栃木県

エンドー あかい靴屋

ミキハウス 福田屋宇都宮店

ミキハウスFKD インターパーク店

静岡県

静岡伊勢丹

愛知県

JR名古屋タカシマヤ

フットバランス

富山県

足と靴のサイズ

新潟県

靴のやまごん  

ベビーよりも子供靴の取り扱いですが、子供の足育についてとても参考になるので載せておきます。

群馬・栃木・茨城・山梨・新潟エリア

靴専門店 シューマート

岐阜県

SHOES STAGE (HPなし)

大阪府

アルカ

京都府

ジーフット イオングリーンボックス洛南店

鳥取県

シューズショップ コマツ

岡山県

中山靴店 玉野店

山口県

ムッシー

福岡県

阪急百貨店 博多阪急

まとめ

たっちをし始めたらぜひ検討していただきたい赤ちゃんのシューズ。プレ、ファーストシューズ、セカンドシューズと成長に応じてステップアップすることが必要です。

子供の頃から正しい履き方、正しい靴選びが出来るといいですね。