靴の選び方〜指の長い人は靴選びが本当に難しい!何をどう選べばいいのか

足の指が長い人は靴選びがとても大変です。

たぶん一番選ぶのが大変ではないかといっても過言ではないくらいだと思います。

間違ったサイズ選びをしてしまうと、足のトラブルにつながりかねませんので要注意!

今回は指の長い方の靴選びのポイントをお伝えしていきます!

指が長いと間違ったサイズを選んでいるかも

靴を選ぶ際に、一番大事なところは足長です。

足長(そくちょう)は、かかとから指先までの縦の長さのことを指します。いわゆるサイズのことです。

たいてい靴は幅の大きさやかかとの大きさがそれぞれサイズによって異なります。

小さいサイズになればその分幅や足囲は細くなるし、大きいサイズはそれぞれが大きくなります。

しかし指の長い人は指の長さで足長が取られるため、足囲や幅に比べ足長が大きくなります。

簡単にいうと足囲や幅は23,0cmなのに足長だけだと23,5cmあるということです。

サイズが0,5cm違うだけで靴はブカブカになるので、指の長い人はその「選んだサイズが大きい」と思い、ひとつサイズを下げてしまうことがあります。

しかし靴自体は脱げなくなっても、本来履くべきサイズよりも小さいものを選んでしまったので、捨て寸がなくつま先がぶつかってしまいます。

以前合う靴の選び方〜本当に幅広?自分の足を知るだけでも合う靴選びの近道に!でもお話ししましたが、ヒールを履く場合は必ずつま先に1cmほど捨て寸という空間を作らなければいけません。

私が靴業界で働いていたときにお会いする指の長いお客様の多くが、捨て寸のない、小さいサイズを履いていた方がほとんどでした。

なぜかと聞くと、指の長さに合わせると幅やかかとが大きくて靴がパカパカしたり、脱げてしまうから、と言う答えが多かったです。

そのためサイズが大きいと思い、ひとつ下のサイズを履いたりしていたようです。

結果的に本来履くべきサイズより小さいサイズを履くことにより、つま先が当たって関節が曲がるハンマートゥになったり、外反母趾などのトラブルを引き起こすことになってしまうのです。

指が長い人向けの靴の選び方は?

指の長い人の合う靴の選び方は「正しい足のサイズの靴を履く」ことです。

正しい足のサイズの靴を履くことによって、幅が大きかったり、靴が脱げることは防ぐことが出来ます。

「それが出来ないから悩んでるの!」と思う方もいらっしゃると思いますが、靴のトゥラインによって本来のサイズで履くことが出来るようになります

指が長い人に合うトゥは以下です。

  • 人差し指・中指が長い人
    ポインテッドトゥ
  • 親指が長い人 
    長めのラウンドトゥ

人差し指・中指が長い人

ポインテッドトゥは尖っている部分があるので、他のトゥラインよりも捨て寸を多く取ることが出来ます。

尖っている部分がちょうど人差し指や中指に位置しているため、つま先の当たりを防ぐことが出来るのです。

最適な捨て寸が取れれば、本来履くべきサイズを履くことが出来ます。

例えば普段23,0cmの靴を履いていますが、裸足の状態で実寸を測ると足長が23,5cmだった、ということが指の長い人は結構あります。

そのため本来は23,5〜24,0cmのサイズが合うけれど脱げてしまうからと小さいサイズを選んでいた場合があります。

その際は本来の23,5〜24,0cmのサイズを履くべきなので、かかとが細く、足囲が薄めでかぶりが深いタイプを選ぶとパカパカ脱げてしまうことが防げます。

また実寸は23,5cmだけど、23,5cm〜24,0cmのサイズを履くとつま先が当たってきついので、もっと大きいサイズを履いている場合。

ゆうな

ここでもポインテッドトゥを選ぶと実寸のサイズで履くことが出来ます。

つま先の尖ったところに長い指が当たらずおさめることが出来るので、ポインテッドトゥの23,5cm〜24,0cmを履いてみるとつま先は痛くないし、サイズが合っているので足囲も幅もぴったりしてかかとのパカパカを防ぐことが出来ます。

ゆうな

足に合ったデザインを履くだけで解消できるのです。

ただし全てのポインテッドトゥが合うのかというと、そうでもないので注意!
なるべく上の写真のように、かぶりが深くノーズ(履き口からつま先まで)の長いデザインを選ぶことがポイントです。

物によってはノーズが短いものがあります。これは捨て寸がそんなに取れないので、指の長い人にはオススメできません。

足型別の靴の選び方〜人差し指が長いギリシャ型に合う靴は?

また、ポインテッドトゥってクールなイメージだったり、キャリアウーマンが履いているイメージがあるかもしれません。普段のコーディネートに合わない、と思う方もいるかもしれません。

ゆうな

そういう場合は下の画像リンクのように素材をスエードにすると柔らかい印象になりますよ。

スエードは革の裏面をやすりで削って毛羽立たせているものを指します。

ツヤがおさまりマットになるので、靴の主張を抑えてくれますし、お洋服をメインにしたいときはスエードがオススメです。

寒い時期にはタイツを履く方が増えると思うので、タイツとスエードの相性は良いです。

ヌバックもありますが、ヌバックは革の表面をやすりで削って毛羽立たせたもの

スエードの方が毛足が長めの、ヌバックは毛足がかなり短いです。

ゆうな

よく「バックスキン」という言葉も聞きますが、あれはスエード(裏革)のことではなく、「BUCK SKIN」で「鹿の革」を指します。

「でもやっぱりポインテッドトゥは好きじゃない…」という方にはオープントゥもオススメです。
オープントゥのものはつま先が開いているので指がぶつかるストレスがありません。

デザインはラウンドトゥのようなものが多いので、フェミニンな洋服が多い方にも取り入れやすいデザインだと思います。

こちらも注意してもらいたいのが、この画像のように「開きが狭いものを選ぶ」ことです。

開きが広いと、歩いているときの衝撃で靴の中で足がどんどん前に滑っていってしまいます。
そうするとかかとがパカパカ脱げてしまうし、指も地面に擦れてしまう恐れがあります。

この画像のようにつま先の開きが広いものは注意!

また現代女性は開帳足の人も多いので、つま先にスペースがあると前に前にと足が前に滑りがちです。

親指が長い人向け

親指が長い人は画像のようにノーズが長めのラウンドトゥを選ぶことです。まん丸ではなく、楕円形のトゥラインを選ぶこと。

まん丸のものだと指の長い人は捨て寸がしっかり取れないので、つま先が当たりやすくなり外反母趾の原因になりやすいんで注意が必要です。

その代わり画像のように楕円形のものはノーズが長いデザインなので、最適な捨て寸を取ることが出来るので向いている木型ですね。

足型別の靴の選び方〜エジプト型は外反母趾になりやすい?

サンダルの選び方も大変!

指の長い人はサンダル選びも苦労されていると思います。

つま先がはみ出てしまうこともありますよね。

サンダルの選び方について書きましたので、良かった見てみてください。

サンダルを履くと指がはみ出てしまう人必見!指が長い人のサンダルの選び方

ブーツの選び方

ブーツはどのトゥラインを選べばいいかまとめました。

人差し指が長いギリシャ型、親指が長いエジプト型のそれぞれまとめています!

指が長い人のブーツの選び方。どの指が長いかによってトゥラインを選べば失敗は減らせる!

【まとめ】指長さんの靴選びはどの指が長いかによってトゥラインを選べば解消出来る!

ご自身の足のどの指が長いかによって、靴のトゥラインを選ぶと解消出来ます!

人差し指が長い方はポインテッドトゥかオープントゥ、親指が長い方はノーズが長いラウンドトゥを選ぶといいでしょう。

足型に合ったトゥライン選ぶと、靴のサイズは正確なものを履くことが出来ます。

脱げてしまうからとサイズ下げたり、指の長さを考えて大きめのサイズを履く方多くいらっしゃいますが、合わないサイズを履いているとトラブルの元になりやすいです。

なるべくトゥのデザインを変えて、靴選びをするだけでもストレスなく履くことができるようになります。

しつこいですが、靴選びの一番重要な点は「サイズ」です。

ご自身に合った靴が見つかりますように!