ルブタンはお勧めしない!プレ花嫁におくる、失敗しないウェディングシューズの選び方

この度はご結婚おめでとうございます!

結婚式までの準備、ドレス選びや小物選びって本当に楽しくてワクワクしますよね!悩んでいる時間も楽しくて本当に幸せですよね。

でも花嫁さんの中には、「靴を買うか、式場でレンタルするか」「色は?」「ヒールの高さはどのくらいがいいのか」「普段ヒールを履かないからハイヒールは不安」という方も多くいると思います。

たったり歩いたりする時間が長い花嫁さんは、靴選びもしっかりしないと一日痛い靴を履くはめになります。せっかくの特別な日を靴の痛みに邪魔させないために!

今回は一生に一度の大切な日のために、失敗しない靴選びをご紹介します!

結婚式で履くパンプスの疑問点

疑問①:履くヒールの高さ

ヒールの高さは何cmがいいのか、いろいろな情報が飛び交っていますよね。

基本的には「ドレスの長さ」でヒールの高さは決まります。ドレスが美しく見えること、前の裾を踏まずに歩けるための高さが必要になります。

ご自身の身長とドレスの長さにもよりますが、ヒールはだいたい7cm~15cm位を勧められることが多いと思います。

ゆうな

妊婦さんの場合はぜひフラットシューズにしてくださいね。

また花婿さんとのバランスのいい身長差を出すためにヒールの高さで調整することもあります。バランスのいい身長差は10cmもしくは15cmと言われています。

疑問②:靴を買うかレンタルするか

こちらは式をどこで挙げるかにもよるかと思います。

海外ウェディングの場合は必然的に靴も購入になりますね。国内ウェディングの場合は購入でもレンタルでもどちらでも選ぶことが出来ます。

ゆうな

普段からヒールの高い靴を履かない方はレンタルでもいいと思います。結婚式用だけだともったいないです。

レンタルのデメリットは、ドレスの試着の時と当日しかパンプスを履くことが出来ないので、履き慣らすことが出来ないところです。

靴が慣れていない上にヒールが高いと、当日ぎこちない歩き方になってしまったり、痛みが出てしまう心配があります。

もしレンタルの靴がどうしても自身の足型に合わない場合は購入をオススメします。

ゆうな

購入すると当日までにそのパンプスを履き慣らすことが出来ます。

またこだわり派の方は好きなブランドや憧れのブランドを買うのも思い出になりますよね。マノロブラニク、ジミーチュウ、シャネル、セルジオロッシ、などなど…。

インポートブランドはヒールの高いデザインが多くありますし、デザインやフォルムがとても美しいので、ウェディングにはぴったり。

ゆうな

歩いているときにドレスから靴がちらっと見えたときも絵になりますよね!

もちろん購入の場合はハイブランドじゃなくても、もっとお値段が手頃のブランドでも良いものはたくさんありますのでご安心ください!

疑問③:選ぶパンプスの色

ウェディングドレスに合わせる靴の色は何色がいいのでしょうか。

ウェディングでは「白」のイメージが多いと思います。白には清潔、純潔、無垢といった意味があり、結婚式にふさわしいと考えられています。

でも靴を買う予定の方で下見に行った方はすでに感じていらっしゃるかもしれませんが、白いパンプスって意外と多くはないんです。

白って汚れが目立つ色なので、白い靴は需要があまりないという点があります。

そのためメーカーも積極的に作っているところがあまりないんです。

そしていざ白いパンプスを買っても、結婚式の後にはあまり履く機会がないんですよね。

お友達の結婚式には白い靴はあまり履かない方がいいですし、普段使いには白いパンプスは使いにくいところもあります。

ウェディングシューズは必ずしも白じゃなくてはいけない、ということはないようなので、「今後も履きたい」と考えている方にはカラーパンプスもおすすめです。

パンプスを買う場合におすすめの色は「ブルー」「シルバー」「シャンパンゴールド」「ベージュ(ピンクベージュ含む)」です。

ブルーは「サムシングフォー(something four)」の一つの「サムシングブルー(something blue)」にかけています。サムシングフォーとは、ヨーロッパからの言い伝えで、「なにか古いのも(something old)」「何か借りたもの(something borrowed)」「何か新しいもの(something new)」「何か青いもの(something blue)」この4つのものを身に着けて結婚式をすると幸せな花嫁になれる、と言われています。

シルバーのキラキラした素材や華やかさと上品さは大人っぽい印象になりますし、シャンパンゴールドやベージュ、ピンクベージュは肌なじみがいいのでドレスから足元が見えたときも足をきれいに見せることができます。

レディース ヒール5cm/7cm/9.5cm キラキラ ゴールド シルバー ポインテッドトゥパンプス とんがりトゥ 美脚 パンプス 走れる 痛くない パーティー 結婚式 おしゃれ
パンプス 9センチヒール 9cmヒール 痛くない ハイヒール 黒 ブラック おしゃれ 大きいサイズ 結婚式 厚底 太ヒール 歩きやすい レディース ローヒール チャンキーヒール 白 ホワイト エナメル 美脚 フォーマル シンプル キャバ パーティー 脱げない 靴 シューズ 防水

履きやすいパンプスの選び方

花嫁さんは当日、ドレスを着て高いヒールを履いて立ったり歩いたりする時間が多いです。普段ヒールを履き慣れている方ならいいのですが、高いヒールに慣れていない方はどのようなパンプスを選べばいいのでしょうか。

1.太めのヒール

ピンヒールよりもヒールが太いものを選ぶだけでも安定感がとても増します。太めのヒールは身体をしっかり支えてくれますし、重心が安定するので長い時間立っていても疲れにくいです。

2.かかとが細く止まりがいい

かかとは靴の心臓部分。かかとの芯が硬めでかかとが細い作りだと、足の前滑りを防ぐことができるので安定感があります。

3.自身の前足部に合ったトゥラインを選ぶ

人間の足は「エジプト型」「ギリシャ型」「スクエア型」の3つの足型に分かれています。

ゆうな

自分のトゥラインに合った靴を履くだけで履きやすさが断然違います!

長時間履いたときの足の痛みも軽減出来ますし、疲れ方も軽減出来るので、選ぶ際の参考にしていただければ嬉しいです。

合う靴の選び方〜本当に幅広?自分の足を知るだけでも合う靴選びの近道に!

4.ストームがあるものを選ぶ

ストームとは、前足部が厚底になっているものを指します。ストームがあることでヒールの高さが緩和され、普段高めのヒールが苦手な人でも楽に履くことが出来ます。

ストームがあるとヒールの高さが出せるので、レンタルのウェディングシューズは高めのものには大体ストーム付が多くあります。

しかしストームが厚くなれば厚くなるほど靴の返りがなくなるので、足を持ち上げるように歩く必要があります。そうすると疲れやすくなってしまうことがデメリットです。

5.ストラップ付を選ぶ

かかとが細い靴はしっかり止まりが出るのでストラップがなくても大丈夫ですが、かかとの大きさが合わない場合はストラップ付のものを選びましょう。
ストラップがあるだけでかかとが脱げにくくなります。

ひとつ注意点があります。それは「ストラップの位置」

ストラップは画像のように甲にあるものを選びましょう。甲にあることで、足の前滑りを止めてくれます。

アンクルストラップ パンプスは前滑りをおさえてくれないので、残念ながらあまり効果がありません。飾り程度だと考えてください。

6.中敷を入れる

当日はストッキングを履いていると思うので、ストッキングが滑りやすくパンプスが脱げてしまうことも考えられます。

その場合は滑り止め用にシリコンの半敷を入れるだけで前滑りを防ぐことが出来ます。

また披露宴で座って水分を取ったり、食事をしていると足がむくんできます。

むくみの度合いは人それぞれですが、むくんでパンプスがきつい!ということも考えられますので、取り外しが出来るシリコンの中敷があると便利ですよ!

中敷の使い方の疑問はこれで解決!中敷の上手な使い方

一度は履きたいオススメハイブランド

マノロブラニク

ウェディングシューズでオススメなブランドはマノロブラニクです。

エナメル、レース、サテン素材などがありますし、華やかなビジューは大きめで存在感が十分あります。ドレスの裾から見えたときの美しさと言ったら…

ゆうな

マノロブラニクのオススメな点はデザインだけではありません。履き心地の良さもあります。

ヒールの位置がかかとの真下にあり、体重を支えてくれます。リフトのサイズもヒールの割に大きさがあるため安定感があります。

かかとの芯はしっかり硬めで前滑りを防いでくれますし、サイドの高さも浅すぎず、深すぎないため、足を横からもしっかり支えてくれます。

幅はとても細いわけではないので、日本人にも合います。厚みは薄めなので現代女性に多い開帳足の方にも大丈夫。(かぶりは深めですが、外反母趾の方は親指の骨がカットのところに当たり、痛いかもしれません…)

お値段は10万円越えのデザインもありますが、デザイン重視ではないブランドなので足に合えばオススメのブランドです。

ジャンヴィト・ロッシ

セルジオ・ロッシの息子さんのブランド・ジャンヴィト・ロッシ。

デザインはシンプルなものから遊び心溢れるデザインまであります。

ジャンヴィト・ロッシのオススメなのは「革の発色のきれいさ」と「履きやすさ」です。

革の発色がとにかく綺麗なんです。赤やブルーの色味の鮮やかさはとても目を引きます。もちろんデザインのフォルトも綺麗。

そしてかかとの止まりがものすごく良く、履きやすいです!かかとの細い現代女性にぴったりなかかとの細さが特徴で、止まりが良くヒールの高さが気にならないほど。

幅はやや細めです。

ジミーチュウ

ウェディングシューズで履きたい!と名前が上がるジミーチュウ。普段使いからパーティまでラインナップが豊富です。

フォルムの美しさと色・素材の華やかさは憧れますね。

ジミーチュウは上2つのブランドに比べるとかかとはやや大きめ。幅も上2つに比べるとややゆったりしています。

外反母趾の方も履けるかというと、カットが浅めなので親指の骨が当たってしまうかもしれません。

マノロブラニク、ジャンビトロッシに比べるとやや大きめですが、他のブランドに比べるとジミーチュウ自体は細めですよ!

Amazonならお店で試着するみたいに気軽に靴を購入できる!

Amazonファッションで靴を買った場合、サイズ交換や返品が気軽に出来ることをご存知でしょうか?

Amazonが発送している商品に限られますが、商品ページに「返品無料」と表記がある場合、最大30日間の商品返品が可能な上返品&返送料も無料で行ってくれるのです。

ゆうな

サイズ違いで購入し、片方を返品することも出来るので、お店で試すように靴を購入することができます!

詳しい方法はこちらをチェック!

クリスチャン・ルブタンをオススメしない理由


ウェディングシューズとしてもしかしたら真っ先に名前が上がるのが「クリスチャン・ルブタン」かもしれません。

フォルムの美しさと真っ赤なアウトソールは憧れますよね。とても綺麗だと思います。

ゆうな

でも私はルブタンはあまりオススメできません。

なぜならルブタンは「歩くための靴ではないから」です。

クリスチャン・ルブタンはデザイン重視のところがあり、長く歩くための靴ではありません。

かかとの作りはとても細いのですが、かかとの高さは浅めで止まりは甘めです。サイドも浅いので前滑りを起こしやすい。おまけに幅がとても細いです。

幅が細く、かかとの止まりが悪いとどういうことが起こるかと言いますと、

「ヒールが高いが止まりが甘いために足全体が前滑りをし、幅が細いので親指・小指のつけ根のあたりに全体重がかかります。かかとはパカパカ脱げそうになるし、つま先は痛い」ことが起きます。

足が骨ばっていて細い欧米人に向けて作られた靴なので、骨格が違う日本人で合う方は本当にわずかです。

幅が細くてかかとの細い方ならルブタンは合いますが、ルブタンを無理に履くと本当にパンプスが履けない足になるので要注意です!

ゆうな

私はルブタンが嫌いなわけではないですよ。むしろ好きです!でも木型が日本人には合わないので、あまり勧められないのです。

おわりに

結婚式は一生に一度の特別な日。

履く靴も失敗しない選び方が大事です。

何よりも大事なことは、「かかとの細いものを選ぶ」「自分の足に合ったトゥラインを選ぶ」「太めのヒールで安定感があるものを選ぶ」だけでもとても履き心地の良いものが履けると思います。

素敵な靴を選んで当日は特別な1日を過ごしてくださいね!