パンプスに使うと効果が出る中敷の使い方をご紹介します

履いている靴が大きくなってきたので調節がしたい。

足が痛いからクッション性がある中敷を入れたい。

でも中敷の種類が多すぎて、どれを使えばいいか分からない!

パンプスに入れてみたけれど、前よりかかとがパカパカ脱げやすくなった。

パンプスにはどこに中敷を入れればいいの?

というお悩みをとことん解消したいと思います!

中敷の使い方の疑問はこれで解決!中敷の上手な使い方

サイズが大きいパンプスにはどの中敷を入れればいい?

サイズが大きい場合や痛い場合、パンプスに中敷を入れればいい、と言われますが、種類が多すぎてどれを入れればいいか分からない!ということありますよね。

中敷は正しく使わないと効果が出ないだけでなく、足のトラブルに繋がることもあります。

よく聞かれるのが、パンプスが大きい場合にどの中敷をどこに入れればいいか、です。

サイズが大きい場合は靴の前足部に入れましょう!

靴業界にいたとき、意外とよく見たのが靴の土踏まず〜かかとにかけて中敷を入れていた方が多いことです。

ゆうな

これでは効果は出ません!

パンプスはかかとと前足部で足を包み込み、支えます。

サイズが大きい場合、縦の長さにあまりが出ます。

でもヒールの傾斜があるので、靴の中で足は靴の中で前へと滑っていき、かかとにすきまが出ます。

前足部に中敷を入れることにより、つま先が収まるところが狭くなると、足は自然と後ろに下がります。

足のかかとが靴のかかとの正しい場所に収まるので、かかとが止まり、足が脱げにくくなります。

ゆうな

これが正しい使い方です!

土踏まずやかかとに中敷を入れるのが間違っている理由

土踏まずやかかとの辺りに中敷を入れてしまうと、中敷の厚みにより全体的に足の位置の高さが上へ上がってしまいます。

ただでさえ足を支える面積が少ないパンプスなのに、足の位置が上の方にあると、足が靴に触れている面積も少なくなります。

そうすると靴が足を支える面積がさらに減ってしまい、抜けやすくなるのです。

またかかとが抜けるからと、かかとの部分にかかと止め入れるのも効果がありません。

ヒールの傾斜で前滑りしているのに、かかとの部分に入れても抑えるどころか触れてもいません。

ゆうな

前足部に中敷を入れて、かかとを正しい位置に戻してからかかと止めを使う方が効果が出ますよ。

中敷はどの厚みを使うべき?

中敷を前足部に入れると、つま先が圧迫して痛いことがあります。

ゆうな

きつく感じる場合、入れる中敷の厚みが合っていません。

靴を履いたときに微妙にあまりがあるときは、0.6mmの中敷を前足部に入れてみましょう。

こんな薄いのに効果があるの?と思われるかもしれませんが、こんなに薄くても効果はしっかり出ます!

タイツやストッキングで滑るとき、左右差があるときに入れるのがおすすめです。

もし0.6mmでも足りない、と感じた際は1mm、2mmと厚みを変えてみましょう。

おすすめなのはシリコンの中敷です。

上から貼るタイプの中敷ですが、きついときはすぐ取ることが出来ます。ゆるいときはペタッと付ければいいので、その日の足に合わせて付けたり外したりの調整が出来るんです!

粘着が弱くなったら洗えば再生可能。

半透明なので靴を脱いでもあまり目立ちません!

ラメタイプもありますよ。

ゆうな

最初から2、3mmを入れるのはおすすめではありません。サイズが大きかったり、靴が足型に合っていない証拠です。

足裏のつけ根辺りが痛くなる人におすすめ

特に開帳足の人に多いのが、足裏の指のつけ根付近が痛くなることです。

横アーチが緩んでしまい、足裏の骨が地面に触れてしまい、痛みが出ることがあります。

外反母趾の原因にもなる「開帳足」は現代女性のほとんどがなっているって知ってた?

アーチは靱帯なので、一度緩んでしまったアーチを元に戻すことは出来ません。

その場合は中敷でアーチを作ってみると、その中敷を入れている間は痛みが解消できます。

AKAISHI公式サイトより

貼る場所が難しいのでこちらの画像の位置をご参考にしてください!

ゆうな

横アーチを作ってあげると幅も一時的に細く出来るので、幅が広い人にもおすすめですよ!

ただし部分的に入れるものでも、靴によってはきつくなるものもあります。

きつく感じたら無理に履き続けないようにしてくださいね。

土踏まずに中敷を入れる場合

特に扁平足の人は土踏まずに中敷があった方が足が疲れにくくなります。

ハイアーチの人は、アーチが高いと足裏が痛くなってしまうので、土踏まずに中敷があると支えがあって楽に感じることもあります。

土踏まずにアーチクッションを入れる場合は、あまり厚みがあるものを入れてしまうと、パンプスが脱げやすくなるので気をつけてください。

靴によってはきつく感じることもあるので、無理に入れるのは控えてくださいね。

人によってアーチの長さや厚みはそれぞれ異なります。

ご自身の厚みにあったアーチクッションを入れていただくことをおすすめします。

おわりに

パンプスにどの中敷を入れれば効果があるのか、種類が多いのでよく分からないですよね。

しかし中敷は正しく使わなければ効果が出にくくなりますし、足のトラブルにもつながってしまいます。

また現代女性の足型はかかとが細めで開帳足気味。

かかとが細い靴を選ぶだけでも、かかとがパカパカ脱げることを防いでくれますので、ぜひこちらの記事もご参照ください!