子供靴ならifme(イフミー)!ベビーからキッズまで足の形成にとてもおすすめ

先日、アカチャンホンポイフミーの靴を買いました。

イフミーは子供靴で人気が高いですよね!

人気があることは知っていましたが、実は履かせるのが初めてだったんです。

ゆうな

あまりにも良かったので感激しました!

こんなにクオリティが良くて、アシックスなどに比べると手頃ですごくいいな〜っと思ったのでご紹介させていただきます!

イフミーは早稲田大学スポーツ科学学術院とコラボして生まれた

全然知らなかったのですが、イフミーは早稲田大学スポーツ科学学術院と株式会社丸紅フットウェアがコラボレーションをして2000年に生まれた靴だそうです。

現代の子供は、運動不足が原因で土踏まずがない扁平足の足が問題視されています。

他にも「開帳足」「外反母趾」「内反小趾」などの運動不足や足を圧迫してしまう靴が原因だと考えられています。

「子どもたちの足を健やかに育むくつ」をコンセプトに、研究・開発を続けている、イフミーの靴を履いていると、足と子供の成長に必要なことが盛りだくさんなんです!

【保存版】赤ちゃんの初めての靴選びは3ステップある!選ぶポイントと全国のシューフィッターをまとめました

イフミーの靴が子供の足にとって良いところ

自由な足指の動きが出来る中敷

外反母趾などのトラブルを引き起こさないためには運動やよく歩くことが必要不可欠です。

しかし現代の環境だと子供も親も忙しいので時間がなかなか取れないことも多いです。

そこでイフミーは裸足のように「足指の動き」が出来ることが必要と考え、裸足のように足指の動きが出来るような中敷を取り入れました。

画像元: IFME
イフミーの中敷は、親指のつけ根と指の部分にくぼみがあります。

歩いているときに筋肉と腱が一緒に作用し、足の骨を持ち上げてくれます。

これを歩くたびに続けていると、足裏の筋肉が活発に活動し、土踏まず(縦アーチ)が鍛えられるのです。

ゆうな

くぼみがあることで正しい姿勢と土踏まずの形成を助けてくれる役割があります!

歩行をサポートするツーorスリーステップソール

正しい歩行をするには、かかとで着地し、親指で地面を蹴り出すことが重要です。

ゆうな

しかし歩き始めた赤ちゃんや、子供に言っても習得するのが難しいはず。

そこで正しい歩行を自然とすることが出来るように、イフミーの靴でサポートしましょう!

12〜15cmのBABYは、靴底が2ステップになっています。

画像元: IFME

着地をしてすぐに蹴り出すヨチヨチ歩きのために、かかとには衝撃吸収のソールを使用しています。

ゆうな

ソールも指や足裏にそって曲がるようになっています!

15〜19cmは3ステップ。
かかとで着地し、安定し、最後に指先で蹴り出す構造になっています。

画像元: IFME

ゆうな

靴底で歩行をサポートしてくれるのはいいですね!

 

ゆうな

最近買った息子の靴は、まさにスリーステップソール!

ペタペタ歩きがなくなったので、自然と正しい歩き方が出来ているのではないかと感じます!

その他にも耐久性はしっかりしているけれど軽くて丈夫な軽量ソールがあります!

子供の自分でやりたい!をサポート

イフミーの靴で15cmまでのものの中には左右で中敷の色が違うものがあります。


画像元: IFME

ゆうな

ちょうど15cmまでの靴を履く時期ってイヤイヤ期なので「自分でやりたい!」時期なんですよね。

靴も子供自身で履きたいけれど、左右分からないし間違った方を履いているとつい親が直そうとしています。

なのに手を出すと子供は「イヤー!!」と大騒ぎ。

ゆうな

なだめるのも時間が本当にかかります…

そんな時に左右の中敷の色が違うと、右と左がどっちなのか子供自身が分かるので、親が手を出さなくて大丈夫。

子供の機嫌が悪くならないし、子供も自然と分かってくるし、いいことだらけ!

子供に履かせてよかったこと

ゆうな

ここからは実際に子供に履かせてよかった!と思ったことです。

かかとが小さく、甲止まりがいい

イフミーの靴を最初に履かせたときに感激したのは、かかとのサイズが足にぴったり止まること。

甲止まりもいいので、足をしっかりホールドしてくれます。

甲が止まり、指が自由に動くのがいい靴の条件。
イフミーの靴はこれが出来ているし、足をしっかりおさえてくれるので、靴としての安心感があります!

ただしここにはデメリットもあります。

ゆうな

それは甲止まりが良すぎて履かせにくいこと!

息子が履いているイフミーはマジックテープをはがして足入れするタイプなんですが、マジックテープをしっかりゆるめて座ってから履かないと出来ないんです。

履くときがちょっと大変で私の手を借りていたほどですが、1ヶ月経つ今ではもうすっかり一人で履くことが出来るようになりました。

ゆうな

コツをつかめば問題ないみたいです!

反射板がある

イフミーのかかと部分には反射板がついています。

息子のスニーカーにはストラップにある、グレーラインが反射板の役割になっています。

ゆうな

これがけっこう反射してくれるんです!

我が家のマンションの外廊下の電気ではっきり見えるので、車のライトだとより効果があるのかな?と思います。

クオリティが高くて価格が手頃

アシックスのスクスクシリーズを履かせたことがありましたが、税込3000円代でこんなにも子供の足にとっていい靴が買えるのは本当に有難いと思います!

ゆうな

今ではなんで早く履かせなかったんだろう!?と思っています!

イフミーは上履きも人気

イフミーは上履きもあるのですが、上履きも人気が高いです。

インソールは靴と同様、子供にとっての履きやすさや、足の形成をサポートしているデザインです。

また特徴なのが扇型のトゥラインをしていること。

子供の足は、指の長さがほぼ一緒のスクエア型をしています。

イフミー の上履きは、その指の形のようなトゥラインになっているので、上履きの中で指や指のつけ根が当たりにくくなっています。

甲のゴムのところもマジックテープで取ったり付けたり出来るよう、着脱が簡単なように作られているデザインもあります。

ゆうな

まさしく「子供のための靴」なんですよね!
幼稚園や小学校の上履き、足に合う?スクエア型の子供に合った幅広の上履きの選び方

イフミーはベビーからキッズまで長く履ける子供靴ブランド

近年子供の足には大人のようにトラブルが起きています。

子供の頃から扁平足、外反母趾、開帳足のトラブルが続くと、成長したときに身体の歪みや骨の成長に悩まされることになります。

過剰にならなくてもいいと思いますが、靴選びは非常に大切なので、手頃で安心出来るイフミーの靴はとてもおすすめです!